14年前の岡山津山市小3女児殺害、勝田州彦(39)服役囚に逮捕状

14年前、岡山県の津山市で起きた小学3年生の女の子が殺害された事件で、兵庫・姫路市で起きた別の事件で服役中の男が事件への関与をほのめかす供述をしていることが29日にわかった。

警察は30日にも逮捕へ踏み切るように事件との関与を慎重に調べているとのこと。

報道によると関与をほのめかしているのは上記の姫路市通り魔事件で服役中の39歳の男とのこと。

現在供述を確認中で関与していることの事実の裏付けに追われている状態。

実際に逮捕に踏み切れる状態となると実名公開となるはずだが、上記の情報からいくと姫路市通り魔事件で逮捕された当時36歳だった勝田邦彦服役囚かと思われる。

14年前の岡山県津山市小3女児殺害事件とは?

容疑となっている事件は2004年9月、岡山県津山市で小学3年生で9歳だった筒塩侑子さんが自宅の部屋で腹などを刺され、血を流して死亡しているのが見つかった事件。

遺体の傷は、すべて正面からの刺し傷で、抵抗の跡はなく、手や腕、背後にも傷はなかったことから顔見知りの犯行か?と思われていたものの犯人は捕まっていなかった。刺し傷は深いもので数センチあり、内臓に達しているものもあり、かなり凶悪な犯人だと思われている。また、被害者は窒息死の可能性もあるが、厳密な死因については解明されていないという事件である。

実際に2005年9月までの時点で、岡山県警は約13500人の捜査員を投入しているのだが、近所の住人も不審な物音や叫び声は聞いておらず、犯人の有力な情報が得られていない状態が続いており、捜査は難航。現在に至るといった事件であったが、今回の供述によって裏付けが取れたとなると一気に大きな進展があったこととなる。

当時の状況は部屋の中で争った形跡もなく、女児が逃げた形跡や抵抗した形跡も一切なかったことから不可解な状況証拠が多く発見されている状態だったが、今回の供述を機に真相が判明するのかが注目される。

3年前の姫路市通り魔事件とは?

3年前の姫路市通り魔事件というのは2015年5月11日午後4時55分頃に兵庫県姫路市車崎2丁目の路上で、帰宅途中の中学3年の女子生徒(14)が、自転車に乗ってきた男に、突然胸など数ヵ所を刺され、刺し傷が右肺にまで達する重傷を負った事件のこと。

兵庫県警は、当時の周辺状況や近所の目撃情報などをもとに、2015年5月19日、男性(36)(無職)(兵庫県加古川市)を、殺意を持って女子生徒の胸や腹、両腕など5ヶ所を刃物で刺した殺人未遂容疑で逮捕した。

この時に逮捕された犯人と言うのが勝田邦彦(かつたくにひこ)服役囚である。

勝田邦彦服役囚は再犯!過去にも刺傷事件を起こしていた。

勝田邦彦服役囚は2009年7~10月、兵庫県内の姫路市、三木市、太子町で、小学1年生から高校3年生(いずれも当時)の少女計5人の腹部をすれ違いざまに殴るなどする事件を起こしている。

このうち、姫路市の路上で被害に遭った小学1年生の女児は内臓出血の重傷を負っていて、内臓破裂に至っていたら命の危険まで伴っていたと確認されていた。そのため、神戸地裁姫路支部は、2010年3月、少女5人に対する傷害と暴行の罪で、男性(36)に、懲役4年の実刑判決を下している。

よって3年前の姫路市通り魔事件というのは再犯となるのだが、もし今回の供述で14年前の岡山県津山市小3女児殺害の犯人だと特定された場合は殺人を起こしていることとなり、今服役中の罪からさらに重い罪を課される事となる。

今回の逮捕状を受けて動機や犯行の詳細が語られるものと思われるため、一刻も早く事件解決に向かってほしい。