2019年はバレーワールドカップ!日本開催日程と場所は?

世界バレー2018の日程が全て終了し、次は2019年のワールドカップが控えているということで、開催日程と場所が正式に発表されましたね。

開催国は日本と決まっていたのですが、日程と場所が不明でしたのでいよいよという感じです。

ちなみに2019年のワールドカップでは東京五輪の予選という位置づけは一切ないようで、、、これはまた色々と日本への風当りも冷たそうですね。。。

ワールドカップバレー2019の開催日程は?

ワールドカップバレー2019の開催日程は以下のように発表されました。

女子大会:2019年9月14日(土)~29日(日)
男子大会:2019年10月1日(火)~15日(火)

今回は女子バレーが先に開幕するようですね。

女子が快進撃で勢いづけて男子もそれに続く展開となってほしいですよね。

ワールドカップバレー2019の開催場所は?

男子と女子それぞれのワールドカップバレー2019の開催場所は以下のように発表されました。

男子バレー大会:Aサイト:福島市、広島市 Bサイト:長野市、広島市
女子バレー大会:Aサイト:横浜市、大阪市、札幌市 Bサイト:静岡県浜松市、富山市、大阪市

ワールドカップ2019はどうやら世界バレー2018が行われた体育館とは違った体育館を中心に使うようです。

ちなみに日本はAサイトに入るようです。

東京と名古屋がないのは代々木体育館や東京体育館、名古屋市総合体育館が改修しているためだそうです。

各地の体育館と言えば以下になるので、多分以下の体育館が使われるものと思われます。現時点では未発表のため、明確に情報が発表され次第、確定版を更新します。

福島市:福島県営あづま総合運動公園 あづま総合体育館
広島市:広島グリーンアリーナ (広島県立総合体育館)
長野市:長野市営真島総合スポーツアリーナ(ホワイトリング)
横浜市:横浜アリーナ
大阪市:大阪市中央体育館
札幌市:北海きたえーる
静岡県濱松市:浜松アリーナ
富山市:富山市総合体育館

男子は石川くんと柳田くん見たさに福島と広島に殺到しそうです。
女子は横浜、大阪、札幌と世界バレーとは違い多くの場所にチャンスがありますね。

ワールドカップ2019の出場国は?

ワールドカップに出場できるのは大会開催国である日本と世界選手権2018で1位をとった男子はポーランド、女子はセルビアが確定。その他は以下のように決定されます。

アフリカ・南米・北中米:2019年に行われた大陸選手権あるいは大陸予選上位2チーム
アジア:2019年1月1日現在の世界ランキングの大陸内上位2チーム
欧州:2019年1月1日現在のヨーロッパランキング上位2チーム

今後の各大陸選手権の結果に大きく左右されることとなり、合計で10チームがプラスし合計12チームで優勝を争うこととなります。

ワールドカップ2019のシステムと順位決定方法は?

ワールドカップ2019は2015年と同一の方式なら3ラウンド制が採用されることとなるでしょう。このあたりは確定情報が出次第更新していきますが、前回の方式が踏襲されるなら以下のようになります。

試合形式:総当たりのリーグ戦。合計11試合を戦う形となります。

第1ラウンド:6チームごとでAサイトとBサイトに分かれてサイト内で総当たり5戦を実施
第2、第3ラウンド:第1ラウンドで当たらなかったもう片側のサイトに所属しているチームと合計6試合を実施

まとめ

世界バレー2018が終わったばかりで今度はバレーワールドカップ2019!

その次は東京五輪とあっという間に五輪の年となってしまいそうですが、世界バレー2018の結果を糧にワールドカップこそメダルを目指して頑張ってほしいですよね!

ガンバレ!ニッポン!!