2024年度を目途に新紙幣になる事を発表!選ばれた偉人はどんな人?選ばれた基準とは?

2024年度を目途にお札が一新されるようですね。

今回新札に選ばれたのは以下の3名。

渋沢栄一・・・1万円札
津田梅子・・・5000円札
北里柴三郎・・・1000円札

それぞれがそれぞれに日本の発展に貢献した歴史上の偉人になります。

1人ずつ見ていきたいと思います。

渋沢栄一 ~新1万円札~

日本資本主義の父とも呼ばれた渋沢栄一氏が新1万円札の顔となります。

渋沢栄一と言えば官僚、実業家として日本の歴史に名を残してきた偉人。

かつての大蔵省で働いたのち、

東京証券所や現みずほ銀行の元となった第一国立銀行

東京海上火災保険、帝国ホテル、秩父鉄道、京阪電気鉄道、東京証券取引所、キリンビール、サッポロビール、東洋紡績といった名だたる企業の創設に関わり、

実に500以上の企業の創立に関わったと言われている偉人です。

 

多くの名だたる企業の礎を作った方の為、知らないうちに自分の人生に関わっている方がほとんどではないでしょうか。

今回新10000円札の顔として選ばれましたが、過去何度も新札の候補として選出されており、最終選考まで残った事もある実績を持っている人物。

今回晴れて選ばれるまで実に50年以上の年月を要している。

また、1902年から1904年にかけて大韓帝国で発行された初期の第一銀行券の1円、5円、10円券には当時の経営者だった渋沢の肖像が描かれていた事でも有名。

津田梅子 ~新5000円札~

新5000円札に選ばれたのは津田梅子氏。

津田塾大学の創始者として有名な女性です。

岩倉使節団に同行した人物としても有名ですね。

 

当時女性の社会進出が難しかった時代において、教師としての実績を積み、2度の留学と女子英学塾という現在の津田塾大学の礎をつくった人物。

 

当時は女子学生と言えば礼儀作法を教えるのが普通だった授業において、自由でレベルの高い授業がなされると評判だった。
(めちゃくちゃ厳しくて脱落者続出だったみたいだが。。。)

北里柴三郎 ~新1000円札~

日本細菌学の父

 

とも呼ばれた北里柴三郎氏が新1000円札の顔に選ばれました。

 

ペスト菌を発見したり、破傷風の治療法を発見した功績を持つ方です。

私立北里研究所(現在の学校法人北里研究所)創立者兼初代所長並びに北里大学学祖、慶應義塾大学医学部の初代学部長と有名大学の設立に深く関わった人物でもあります。

新札に採用された偉人の採用基準とは?

麻生財務大臣から発表があった際に以下の基準を満たす方たちを選んだとありました。

・品格のある顔
・文化人や経済人
・精巧な写真が入手できる人物

どなたも上記の基準に当てはまると共に日本の発展に大きな功績を残した方たちですよね。

両替機や自販機はどうなるの?

新札が発行される事によって両替機や自販機も対応が迫られる事になります。

新札が発行されるという事は当然機械も対応しなければなりません。

ところで新札発行されたら両替機や各種自販機はどのように対応するかご存じでしょうか?

 

実は紙幣というのは仕様が公開されないので、

新札のサンプルが各企業に配られて読み込めるように作る

のです。

 

日本の自販機開発メーカーが自分たちの技術を総動員して新札の特徴を解析、本物である事を判断できるように作るんですね。

確かに仕様を公開してしまったら、偽札も出回るリスクを増やしてしまう為、実物のみを渡して解析させるという事でしょう。

ドラマの「anone」で偽札づくりをしていましたが、仕様が公開されていない事から現物を元に作るというお話でしたので、日本の企業内でもお札の解析を日夜行い、確実に読み取れる機械を作る事に注力しているのだと思います。

まとめ

新札の発行は2024年目途ということなので、ちょうど大阪・関西万博開催の前年になります。

2020年のオリンピックを超えてからが心配されていましたが、どうやら2025年まではイベントが目白押しで楽しそうですね。

新札

Posted by 2てる