【あなたの番です】「扉の向こう」301号室の尾野幹葉編のネタバレ!

2019年7月18日

2019年4月期から2期連続で放送されているドラマ「あなたの番です」

1期のラストが衝撃的な幕の閉じ方だった為、謎解き感覚で考察が盛り上がっています。

そんな「あなたの番です」は管理人も面白く見ていたのですが、あまりにも衝撃的だった為、考察を読み漁っています。

そしてこの機会にhuluに加入し、「扉の向こう」を一気見!

「あなたの番です」の世界にどっぷりとはまっています。

実際にhuluに加入して見てみた結果ですが、「扉の向こう」の中だけで描かれている出来事もあるので見ておいた方がいいですよ。

今回は見ていない方の為に「扉の向こう」301号室の尾野幹葉編のネタバレをお届けしたいと思います。

尾野幹葉はどんな人?

尾野幹葉(奈緒)はキウンクエ蔵前の301号室に住んでいる主人公の手塚翔太(田中圭)・手塚菜奈(原田知世)夫妻のお隣さんです。

1話で手塚夫妻が挨拶に行った時から将太の方ばかり見て話し始めたり、毎回のように将太に声をかけて手作りのプレゼントを上げたりと将太のストーカー?と化している怪しい住人ですね。

そんな尾野幹葉を演じているのは女優の奈緒さん。

最近で言うとドラマ「サバイバル・ウェディング」で吉沢亮演じる柏木祐一に対して波留演じるさやかと張り合って猛烈にアプローチする戦略系愛され女子を演じていました。

そんな奈緒さんが演じる尾野幹葉は前回とは打って変わってストーカーまがいの怖~い女子。

現在わかっている事は以下の情報です。

  1. 301号室に住んでいる
  2. 独身
  3. 25歳
  4. 有機野菜の宅配会社勤務
  5. 主人公の翔太に手作りプレゼントを毎回のように渡す
  6. オーガニック大好き女子
  7. 謎のマッサージが得意

では、さっそく「扉の向こう」301号室 尾野幹葉編のネタバレをお話ししたいと思います。

「扉の向こう」301号室 尾野幹葉編のネタバレ

301号室に住む尾野幹葉 (奈緒) の向かいに、佐伯良樹 (笠原秀幸) と婚約者・舞島亜矢子 (入山法子) が引っ越してきた。すぐさま尾野は佐伯にロックオン! 2人の間に入り込んでいく…知られざる尾野の素顔とは!?

Huluより

話は尾野幹葉の部屋の向かいである303号室に引っ越してきた佐伯良樹 (笠原秀幸) の婚約者・舞島亜矢子 (入山法子)に対して

「尾野幹葉さんの初対面の印象は?」

と第3者から質問される場面からはじまります。

その時は

「親切な人だな。少し注意深い方なのかなぐらいで。若い人の一人暮らしですしね。」

と亜矢子は返しています。

そこから引っ越し当初の挨拶をしたときの回想に入ります。

この時の挨拶の際に渡したプレゼントはマカロンだったようですが、それに返すようにオーガニックのラングドシャを返し、

「これから贈り物をするときはこういうのもおすすめですよ」

と返されたようです。

ここで場面は暗転し佐伯良樹 (笠原秀幸) に「尾野幹葉さんの初対面の印象は?」と問いかけ、

「フランクな方だなと。距離感近いと言うんですかね。」

と返します。第一印象はお互いにそれほど悪い印象を持たなかったようですね。

佐伯良樹と尾野幹葉の初対面はゴミ捨て所。

お互いにゴミ捨てした際に意気投合したようです。

ちなみにこの時、尾野幹葉は挨拶でもらったプレゼントを捨てています。

オーガニックではないから?

と言うにしてはあっさりと捨ててしまうのですね。

尾野幹葉に対する印象の移り変わり

再び暗転し、2人の尾野幹葉に対する印象が少しすれ違ってきています。

佐伯良樹の方はいい人という印象みたいですが、

舞島亜矢子の方は

「いい人だとは思うんですけど、なんていうかいませんか?悪気はないのはわかってるんだけど。。。っていう」

という話から、あんまり良い印象ではない様子。

そして佐伯良樹は尾野幹葉にご飯を頂いている場面が登場している事から、何度か食事を共にしてるのですが、この間、婚約者は一体?

そしてここで驚きの新事実。

尾野幹葉はオーガニック女子ではあるのですが、本人は

ごはんの上に砕いたポテトチップスとたっぷりのマヨネーズ、一味唐辛子をかけて食べる

事もあるという決して自分がオーガニックにこだわっているわけではない私生活の片りんを見せます。

「食べたいもの食べたいんじゃないですか」

と言う尾野幹葉は少しサイコパス。

オーガニックにこだわった挙句死んだ人もいると言い切る幹葉は、自分はやりたいようにやるという人物のようです。

尾野幹葉に振り回される二人

ある日を境に佐伯良樹の様子がおかしくなったと言う婚約者・舞島亜矢子。

どうやら尾野幹葉に

「婚約者である舞島亜矢子が他の男と浮気している」

と吹き込まれ、大げんかしたみたいです。

それを部屋の外で聞いている尾野幹葉はスキップしながら自室へ戻っていきます。

そして部屋から出てきた佐伯良樹にタイミングを合わせたように改めて外へ出て声をかける幹葉。

そのまま自室へ連れ込みます。

その後、3人で話をした結果、婚約破棄となり、婚約者・舞島亜矢子はすぐに実家に帰りそれっきり。

一方の佐伯良樹ですが、ある日を境に別れる事になったようで、結局うまくいきませんでした。

結局2人とも303号室から出て行った事になるので、303号室が空き部屋というのは引っ越し直後だからなんですね。

尾野幹葉自身については、後ほど隣の芝は青いという感覚で人の旦那を羨む性格だという描写がありますので、自分のものとなったら興味がなくなる性格なのでしょう。

ちなみに最後の場面で一度だけ元婚約者に電話をかけた際、明らかに1話で管理人が翔太と菜奈に渡した表札をかたどっていました。

手作り好きという所にヒントはありましたが、やはり管理人と尾野幹葉は深い仲にあったようです。

ただ、どんな関係なのかは2章で明らかになると思われます。

ちなみに尾野幹葉の部屋に表札がかかっているのは

管理人との深い仲を暗示しているのではなく

自分で作った表札だから

なんでしょうね。

尾野幹葉の行動について

尾野幹葉という人物ですが、どうやら

となりの芝は青い

という感覚で人の旦那や婚約者を手に入れようとする
こじらせ女子のようです。

よって、手に入れた後は興味をなくしてしまい、あっさりと捨てるといった事をする女子ですね。

更に婚約破棄のあと、一度だけ婚約者であった舞島亜矢子に電話があったそうで、

「今、良樹さんフリーですよ。ファイトです。じゃっ」

と言って電話を切るサイコパスぶり。

翔太の事も菜奈の旦那だからこそ
手に入れたい欲が出てきたのでしょう。

そう思うと殺してまで手に入れるという狂気は持ち合わせてないと思うので、尾野幹葉は菜奈ちゃんを殺してはないと思います。

といいますか、殺す以上に陥れる方法を知っていて
自然とできてにまうタイプでしょう。

扉の向こうはHuluで

ますます謎を呼んでいる「あなたの番です」

huluで全話見る事ができます。

更に「扉の向こう」はhulu限定配信のため、ここでしかわからない事実も存在していることから、考察している方には必見の内容です。

今ならトライアルで2週間無料で見る事ができるので、まとめ見してはいかがでしょうか?

まとめ

301号室の扉の向こうにて
尾野幹葉についてわかったことは

・カップルや夫婦の夫を奪うのが好き
・過去にも303号室の婚約済みカップルを別れさせた
・別れさせる事に悪意はなくむしろみんなそうすると思っている
・手作りオーガニックが好き
・自身はオーガニック食しか食べないわけではない
・表札を作ったのは幹葉
・管理人と深い仲にある
・303号室が空き部屋なのは尾野幹葉が原因
・元カレもしくは管理人から303号室の鍵を手に入れる方法があった
・翔太を狙うのは菜奈という嫁がいる事がわかったから

この辺りでしょうか。

翔太に近づくためなら何だってする

というよりは、他人の旦那を奪う

事に全精力をかけており、それが普通だと思っているみたいですね。

個人的には尾野幹葉は単純に翔太を奪いたいだけであって、殺人とは関係ないように思います。

と言うか人の旦那を奪う事を普通だと思っており、
むしろ奥さんがいない人には手を出さないのでは?
と思います。

よって、殺人を犯すわけではなく、奈菜が生存してこそ
尾野幹葉の欲望を満たせるといった所でしょうか。

この辺りは第2章でも描かれると思いますので、必見ですね。

次回の扉はコチラ

【あなたの番です】「扉の向こう」402号室の榎本早苗編のネタバレ!

尾野幹葉役の奈緒さんが気になる方はこちら