【あなたの番です】「扉の向こう」202号室の黒島沙和編のネタバレ!

2019年7月18日

「扉の向こう」の202号室、黒島沙和編が公開されました。

 

西野七瀬さん演じる黒島沙和の扉の向こうをどんな内容か楽しみな人も多いのではないでしょうか?

今回は1話で出てきたけど、それから出てこなくなって話題だった彼氏役の水石亜都夢さんも登場する話となり、彼氏との関係性が描かれます。

その他にも黒島ちゃんの友人である泉ちゃん役で小林万里子さんも出演されていますよ。

「扉の向こう」はHuluで絶賛配信中

「あなたの番です」の番外編「扉の向こう」はHuluで絶賛配信中です。

今なら2週間トライアル無料で開始できるので、無料期間中に見るのがお得ですね。

超絶恋愛下手な黒島ちゃん

「天体の運動はいくらでも計算できるが、人の気持ちはとても計算できない。」

というアイザック・ニュートンの有名な言葉。

しかし、その教えに反して「彼氏を作る数式を完成させます」と言い切る黒島ちゃんからはじまります。

どうやらあの容姿にして、非常に恋愛下手だそうです。

そんな黒島ちゃんが頑張って部屋に男性を呼び、以下のネットで調べた仕草で男性(水石亜飛夢)に迫ります。

  1. 出来る限り互いの情報交換
  2. 女性的魅力を強調する仕草
  3. 男性の庇護欲を煽る角度
  4. 幼児性をアピールする潤目
  5. スキンシップ

「私とお付き合いしてくれませんか?」

「え?」

「波止くんと男女の仲として交際したくて、お願いします。」

西野七瀬からこんなん言われたら即刻OKしてしまいそうですが、OKしない波止くん(水石亜都夢)。

波止くん、そこはOKだろ!!というツッコミはさておき、以下のように返します。

「とりあえず友達からという事でいい?」

「あっ、今からバイトだったんだ。お疲れ様です~」

と彼氏候補は帰宅。

残念ながら失敗に終わったようです。

 

 

男性と交際関係を結ぶまでの計算式をつくる黒島ちゃん

波止くんだ帰宅した後、おもむろに隣室の扉を開ける黒島ちゃん。

そこには

「黒島沙和に適した男性と交際関係を結ぶまでの計算式」

と書かれたホワイトボードが置いてありました。

そして、前回の結果を元にやり直しと計算式を書き換えます。

その後、友人である泉(小林万里子)を部屋へ呼び、

「どう?どこか間違ってる?」

と尋ねます。

どうやら本気で計算式を作っているらしく、波止陽樹の場合という条件のもとで計算式を埋めていきます。

が、泉は

「全部」

とあっけらかんに全否定。

「情報源は?」

という問いに対して

「いろいろ」

とスマホをいじる仕草をしていた事からネットで情報を集めて調べてきたみたいです。

「しないって。絶対。初対面で告白は」

「恋愛と言うものはつまりこれですよ。」

と書いたのは心という漢字。

友人である泉は黒島ちゃんに対して計算式ではなく人としての気持ちの大切さを伝えたかったようです。

いきなりの家デートと数式を愛する黒島ちゃん

場面は変わっていきなりの家デート。

机の上には料理が並んでいます。

「男が彼女に作ってほしい料理ランキング!てチョイスだよね」

という言葉に対して

「うん」

と出てきた料理はハンバーグやオムライス、肉じゃがといった美味しそうな料理ばかり。

その料理も正方形に切られたジャガイモや丸形のハンバーグ、正確な楕円形で作られたオムライスなど美しい形を保ったものになっています

それを見た波止くんは

「数式を愛しているよね」

と伝えます。

そこで再び黒島ちゃんから

「お付き合いするという事については?」

と再アタック。

本当にうらやましい限りです(心の声)

「もう少し黒島さんの事知りたい」

「栗島さんも俺の事よく知らないと思うし」

という回答に「私の数式に大きなバツ印を付けられた感じでした」と否定された気持ちになったようです。

素直に伝えればいいという友人のアドバイス

「今日喋んないね」

という波止さんに対して

「わからない」

と答える黒島ちゃん。

あれから友人のアドバイスについて真剣に考えた結果、わからなかったみたいです。

それでも勇気を振り絞って

「好きです。。。大好き!」

と波止さんに気持ちを伝えます。

「やっと、黒島さんの事を分かった気がする」

と言う波止さん。

「俺で良かったら、よろしくお願いします。」

と手を差し出しました。

「あてずっぽうで書いた答えがたまたまあっていた時、悔しいと思う人間」

のようです。

付き合ったらヤバイ男だった彼氏の波止

告白がうまくいった黒島ちゃんはある日、泉と電話しています。

「ありがとう。泉の言った通りだった。」

と電話している黒島ちゃんから

「これからは電話もメールもできない。」

といきなりの発言。

「付き合ったらそういうものなんだって。泉に教えてもらった事も理解できなかったけど正しかったし、そういうこともあるのかなって」

という黒島ちゃんに対して、泉ちゃんが「そいつヤバいって!!」と忠告したところで通話終了。

「連絡先、消して。俺以外の全部ね。」

という事で、波止さんはかなりやばい男だったみたいです。

連絡先を全て消すように強制します。

「扉の向こう 202号室」黒島沙和編でわかった事

今回の扉の向こうでは以下の事が明らかになりました。

黒島沙和の新事実

  1. 黒島沙和は恋愛が苦手
  2. 数式を愛している
  3. 美しいものが好き
  4. 自分の事を可愛いと自覚している
  5. 2つセットなど数にこだわりあり?
  6. スマホに入っている連絡先を全て削除している
  7. 元カレは束縛クンだった
  8. 元カレは遊びで女性と付き合うチャラ男

ネットで噂されている双子説について裏付けされるものは特に見当たらずでした。

黒島の部屋の中にあったものの中で印象的だったのは赤色の時計や冷蔵庫、ワインレッドのペアになったクッション、ペアになった鍵盤など何らかのペアや法則性を持って配置されているものが多数あった事です。

数式を愛している事から何らかの法則性を持ったものが好きという事も暗示しているものと思われます。

「扉の向こう 202号室」の黒島沙和編はHuluで配信中

「あなたの番です」の番外編「扉の向こう 202号室」黒島沙和編はHuluで絶賛配信中です。

これまでに

101号室 久住譲
102号室 児島佳世
104号室 石崎洋子
201号室 浮田啓輔
203号室 シンイー
301号室 尾野幹葉
304号室 北側澄香
401号室 木下あかね
402号室 榎本早苗
403号室 藤井敦史
502号室 赤池美里

の面々の家が配信されています。

本編に繋がる重要なヒントや各々の生活や癖などを知る事ができ、考察のヒントになる事も多い内容となっています。

今なら2週間トライアル無料で開始できるので、無料期間中に見るのがお得ですね。

まとめ

「扉の向こう 202号室」の黒島沙和編はいかがだったでしょうか?

やっぱり元カレはヤバイ奴だったという事が明らかになりましたが、双子説を裏付けるような内容はありませんでした。

しかし、「扉の向こう」に出てくるメンバーは次の話の何らかの重要人物である事が多く、14話では「誰かが死ぬ」事が予告されている為、不吉な予感も漂います。

黒島ちゃんが殺されない事を願って次回を迎えたいですね。